経済通への道 元証券マンによる楽しい資産運用講座

資産運用初心者、未経験者が自然と経済、金融の知識を身につけてしまうサイトです^^学校では教えてくれない”経済”、”お金”を独自の目線で紹介。誰もが自然と”経済通”に!

aicon382.gif2010年、今年こそ楽天証券で株デビュー! aicon382.gif為替、FXデビューは最大手のマネーパートナーズ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【外貨FX】 外貨投資のポイント2 ”手数料”

「外貨運用をしてみたいな~」と思ってるあなた!

ちょっと待ってくださいね。
焦らないでくださいね^^
近くの銀行に行って、銀行員に進められるままに外貨預金なんてしちゃいけませんよ。

外貨(米ドル、豪ドル等など)を買うには手数料が掛かります。
で、ここで前回のポイント1:金利に引き続き、2つ目のポイント。
ポイント2:銀行で外貨を買う際は高い手数料が掛かる。

TTSとかTTBとかよく目にしますが、そんなのは覚えなくてもいいです。
雰囲気で分かれば十分です。例で書きますね。

例えば、1ドル100円の時、
地元H銀行で米ドルを1ドル買うと101円かかります(ドル買い)。
1ドルだと現実味が無いので、分かりやすく1万ドル買うとすると101万円。
要するに、1万円はH銀行の利益。

で、その場で売ることは無いだろうけど、その場で手持ちの1ドルを円に戻すと(ドル売り)、再び手数料を取られて99万円になります。

はい、つまりこの往復2円分が手数料です。
1万ドルだと往復で2万円ですね。100万の投資に対して、2万円手数料です。

今話題のFXでの外貨投資。
大手のマネーパートナーズだと、往復で0.02円。
1万ドルだと往復で200円です。
長くなりそうなので今夜はこのへんで終わりたいと思いますが、最後に一言。
「銀行での外貨預金はお勧めできません。」
続編はまた今度^^

■■今日の記事の関連リンク■■
【外貨FX】 外国為替取引 管理人が使う会社
【外貨FX】 外貨投資のポイント1 ”金利”
マネーパートナーズ(FX業者の最大手)
■■■■■■■■■■■■■■

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ 人気ブログランキングへ
応援のポチっを(。-_-)ノ☆・゚::゚ヨロシクデス♪

スポンサードリンク

| 外貨・基本編 | 19:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://toyama43.blog73.fc2.com/tb.php/14-be265fdf

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。