経済通への道 元証券マンによる楽しい資産運用講座

資産運用初心者、未経験者が自然と経済、金融の知識を身につけてしまうサイトです^^学校では教えてくれない”経済”、”お金”を独自の目線で紹介。誰もが自然と”経済通”に!

aicon382.gif2010年、今年こそ楽天証券で株デビュー! aicon382.gif為替、FXデビューは最大手のマネーパートナーズ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【学校】 第4弾 インデックス型投信とアクティブ型投信のミソ

昨日の日本経済新聞にこんな面白い記事が。
『市場平均狙うインデックス型投信 低コストで「勝率」高く』
(2009年5月18日付 29面家計)
05191.jpg
投資信託で運用してみたい方、すでに運用している方がいらっしゃると思います。
今日の記事は知っておいて損は無いと思います^^

~学校では教えてくれない経済~
第4弾 インデックス型投信とアクティブ型投信のミソ

まずは”インデックス型投信”と対にある”アクティブ型投信”の違いを簡単に比較。
05192.jpg

で、新聞記事の中で注目したところ。
過去1年間の運用成績は、アクティブ型がインデックス型を上回ったのは3割前後にすぎなかった
過去3年、あるいは5年でも、インデックス型が優位になっている
・すべてのアクティブ運用が劣っているわけではない。

【管理人の結論】
投資家から手数料を多くとるアクティブ運用の勝率が低いのは当然かなと。
 (仮に運用で勝っていても、高めに設定された手数料がそれを打ち消してしまう)
・自分のこだわり、投資方針がある方はアクティブ運用の方が面白い。
良いアクティブ運用を選ぶのが難しいなと思う方は、インデックス型運用で良いと思います。

”学校では教えてくれない経済”では、こういうネタを今後も取り上げていきたいと思っています。

←前の記事  第3弾 リボ払いの見えざる怖さ


日本経済新聞の購読、試読はこちらから。
(ほんとオススメできます^^)

にほんブログ村 地域生活(都道府県)ブログ 富山情報へ 人気ブログランキングへ
↑ちょっとでも役に立った、記事楽しみにしてるよ、という方、応援のクリックお願いします^^

⇔トップページに戻る


スポンサードリンク

| 学校では教えてくれない経済 | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://toyama43.blog73.fc2.com/tb.php/103-da501a08

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。