経済通への道 元証券マンによる楽しい資産運用講座

資産運用初心者、未経験者が自然と経済、金融の知識を身につけてしまうサイトです^^学校では教えてくれない”経済”、”お金”を独自の目線で紹介。誰もが自然と”経済通”に!

aicon382.gif2010年、今年こそ楽天証券で株デビュー! aicon382.gif為替、FXデビューは最大手のマネーパートナーズ

2009年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年07月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【ニュース】 イオンが100円でPBビール「麦の薫り」 

イオンが100円の第3のビール発売へ、サントリーとPB共同開発
(2009年6月29日 ロイター参照)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090629-00000701-reu-bus_all

最近、聞かない、見ない日の方が少ないだろうPB(プライベートブランド=自社企画商品)
350mlで100円、500mlで145円になるそうです。
このPBビールは生活に直結してくるかもしれません^^;

今日はこのPB商品の安さの理由を取り上げてみます。
0629.jpg(←イオンHPはこちら

~学校では教えてくれない経済~
第8弾 『プライベートブランド(PB) 安さの理由』
 ※小売=イオン メーカー=サントリー といった感じで想像してください。

?小売側による「完全買取」
  メーカー:在庫リスク無し。  
  小売:大量仕入れにより、仕入れ価格を下げられる。
  イオンHPから(pdf資料)を見てみると、目標販売数は年間3000万本。
  (3000万本×100円=30億円)

?小売とメーカーが「直接取引」
  問屋を通さず、マージンの中抜きによるコスト削減。
  
?小売とメーカーが専属契約を結ぶ
  今回はイオンとサントリーが。
  メーカー:生産量が決まるので工場の効率、稼働率がアップ。コスト減。

※?~?が全て当てはまらないケースもあると思います。
一般的なPBという感じで捉えて頂ければと。

かつてはPB商品はNB商品(ナショナルブランド)に比べ質が落ちると言われていました。
しかし、今は「ほぼ同品質の製品を、より安価に」という感覚ですよね。

第9弾では『プライベートブランド(PB) 本当のメリット』と銘打って、
製造側、小売側の本当のメリットを取り上げてみたいと思います^^


backb1o.gif 第7弾 『タックスヘイブン 基礎知識』
homeb2o.gif トップページへ戻る

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ 人気ブログランキングへ
↑この記事を読んで、「”経済通”に一歩近づけた!」「これは知らなかった!」と思った方、ぜひ応援のクリックをお願いします^^
スポンサーサイト

スポンサードリンク

| 学校では教えてくれない経済 | 19:03 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【節税】 タックスヘイブン 基礎知識編

今日は、資産運用をやっていると自然と耳にしちゃうこの言葉。
”タックスヘイブン”
について取り上げてたいと思います^^06281.jpg

~学校では教えてくれない経済~
第7弾 『タックスヘイブン 基礎知識』

タックスヘイブン(tax haven) = 租税回避地域であり、
tax heaven税金天国ではないのでご注意を。
税金が少ない、もしくはゼロという国や地域の事を指します。06282.jpg
大きな産業を持たない小国や島国が多いのが現状です。
例)
モナコ:個人に対する所得税が無い
ケイマン諸島(カリブ海):法人税が無い

   (日本は法人税率40%です)

投資をやるにも、会社をやるにも、税金は邪魔者です。
利子や配当に対する税金所得税や法人税を回避したいが為に、世界中の多くの金融機関や投資ファンドがペーパーカンパニーを作って資産管理の拠点にしています。
租税回避地に預けられている資産は1000兆円を越えているらしいです。
0628.jpg ←某投資信託の商品概要にも

これら外国企業の建物や社員の住居が建てば地元も恩恵を受けますよね。
ただ最近は、いや、前々から問題も。
それは”マネーロンダリング””テロ資金の運用””資産隠し”

今日は基礎知識編なのでこのへんにしておきます^^
”タックスヘイブン”、ぜひこの言葉を知っておいてくださいね。


backb1o.gif 第6弾 『手元に100万円+毎月3万円積立+運用=10年後は?』
homeb2o.gif トップページへ戻る

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ 人気ブログランキングへ
↑この記事を読んで、「”経済通”に一歩近づけた!」「これは知らなかった!」と思った方、ぜひ応援のクリックをお願いします^^


スポンサードリンク

| 学校では教えてくれない経済 | 10:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【運用例】 大和証券も公募増資 日程、割引率など

大和証券G<8601.T>が公募増資で約2600億円を調達へ
2009年6月26日付 ロイター参考
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090626-00000426-reu-bus_all

【大和証券8601 公募増資日程】06261.jpg
6/29~      ブックビルディング期間
7/8~7/13    終値で値決め
ディスカウント率 3%~5%
受渡日 条件決定日より6営業日後

そういえば今日の日本経済新聞に公募増資の記事があったなと。
公募増資 バブル後最高
1月~6月1兆5500億円 大型案件相次ぐ

記事によると、
2009年の主な公募増資 金額
・三井住友FG 8629億円
・東芝 2987億円
・野村HD 2758億円
・野村不動産HD 601億円
・T&D HD 529億円

そして今回の報道は大和証券が約2600億円調達予定と。

今年と同じように日経平均が回復し始めた2003年に比べ、公募増資が活発。
業績悪化による自己資本増強が色濃いなと。
「1株利益の希薄化」「株式数の増加」による”買収リスクの増加”が一時は話題になりました。
でも今なら投資ファンドや新興国の大企業に買収余力が無いとふんでいるのでしょうか。
今後も大型の”公募増資”には注目していきたいと思います。

追伸:気になる三井住友FGの公募増資その後
公募売出価格 3,928円 → 現在4,020円 (6/26現在)
0626.jpg

backb1o.gif 【運用例】 三井住友の公募売出し価格決定 今日の値動き
homeb2o.gif トップページへ戻る

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ 人気ブログランキングへ
↑この記事を読んで、「”経済通”に一歩近づけた!」「これは知らなかった!」と思った方、ぜひ応援のクリックをお願いします^^

スポンサードリンク

| 運用例 | 17:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。