経済通への道 元証券マンによる楽しい資産運用講座

資産運用初心者、未経験者が自然と経済、金融の知識を身につけてしまうサイトです^^学校では教えてくれない”経済”、”お金”を独自の目線で紹介。誰もが自然と”経済通”に!

aicon382.gif2010年、今年こそ楽天証券で株デビュー! aicon382.gif為替、FXデビューは最大手のマネーパートナーズ

2008年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年02月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【企業】 金融危機、富山の企業は

野村證券 5000億円の赤字
トヨタ自動車 4000億円の赤字
東芝 2800億円の赤字
日立 7000億円の赤字

日々、このようなニュースばかりで感覚が麻痺しますよね。
地元に目を向けておきます。

~地元富山を代表する企業~
?不二越 証券コード6474
1/21付け 自動車減産直撃で今09年11月期純益が94%減の5億円に
01302.jpg

?三協立山ホールディングス 証券コード3432
1/19付け 2008年6~11月期は26億円の営業赤字、48億円の純損失
01303.jpg

今日はここ2年の株価チャートを貼ってみました。
ピンクで引いた線は管理人が勝手に引いた線です。
俗に支持線と言われる線です。
不二越はぎりぎりキープ、三協立山は下回ってしまいました。
この支持線については後日説明したいと思います。

今後の自動車減産は必至ですよね。
管理人も、業種こそ違えど、本当に経済が悪くなるのは来期!と身を引き締めています。
地元経済を含め、この不況がいつまで続くのか本当に心配です。

■■■今日の記事の関連リンク■■■
「株式投資 基本編」
支持線には要注意!
■■■■■■■■■■■■■■■■

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ 人気ブログランキングへ
応援のポチっを(。-_-)ノ☆・゚::゚ヨロシクデス♪
スポンサーサイト

スポンサードリンク

| 富山県 経済情報 | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【外貨FX】 外貨投資のポイント2 ”手数料”

「外貨運用をしてみたいな~」と思ってるあなた!

ちょっと待ってくださいね。
焦らないでくださいね^^
近くの銀行に行って、銀行員に進められるままに外貨預金なんてしちゃいけませんよ。

外貨(米ドル、豪ドル等など)を買うには手数料が掛かります。
で、ここで前回のポイント1:金利に引き続き、2つ目のポイント。
ポイント2:銀行で外貨を買う際は高い手数料が掛かる。

TTSとかTTBとかよく目にしますが、そんなのは覚えなくてもいいです。
雰囲気で分かれば十分です。例で書きますね。

例えば、1ドル100円の時、
地元H銀行で米ドルを1ドル買うと101円かかります(ドル買い)。
1ドルだと現実味が無いので、分かりやすく1万ドル買うとすると101万円。
要するに、1万円はH銀行の利益。

で、その場で売ることは無いだろうけど、その場で手持ちの1ドルを円に戻すと(ドル売り)、再び手数料を取られて99万円になります。

はい、つまりこの往復2円分が手数料です。
1万ドルだと往復で2万円ですね。100万の投資に対して、2万円手数料です。

今話題のFXでの外貨投資。
大手のマネーパートナーズだと、往復で0.02円。
1万ドルだと往復で200円です。
長くなりそうなので今夜はこのへんで終わりたいと思いますが、最後に一言。
「銀行での外貨預金はお勧めできません。」
続編はまた今度^^

■■今日の記事の関連リンク■■
【外貨FX】 外国為替取引 管理人が使う会社
【外貨FX】 外貨投資のポイント1 ”金利”
マネーパートナーズ(FX業者の最大手)
■■■■■■■■■■■■■■

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ 人気ブログランキングへ
応援のポチっを(。-_-)ノ☆・゚::゚ヨロシクデス♪

スポンサードリンク

| 外貨・基本編 | 19:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【外貨FX】外貨投資のポイント1 ”金利”

"外貨投資” この言葉に反応する人も多いのではないでしょうか。
爆発的に外貨投資に人気が出た理由の一つが、日本国内の低金利だと管理人は思っています。

ここで地元、北陸銀行の定期預金の金利を見てみます。
01281.jpg
例を出した方が、金利はわかりやすいので例で。

定期1年で金利年0.25%ですね。
100万円預けたら、1年後に100万2500円に。
で利息に20%税金。500円引かれて、2000円の利子です^^;

ここで嘘のようなホントの話。
実は自分たちの親、祖父母世代は、年7%~10%という金利を手にしていた世代なのです。
100万円預けたら、1年後になんと107万円です。2年後に114万円。
10年で倍です。

で低金利になってしまった日本に対して、米ドルや豪(オーストラリア)ドルの金利が高かったのです。
ここが外貨投資のポイント。
ポイント1:外国には日本より金利が高い国がある
つまり昔の日本のように金利が高い国があり、その国の通貨で預金すれば利子が沢山貰える!
と注目を浴びたのがここ5年くらいの流れだったと思っています。

ただ最近の金融危機で、米ドルを始め、豪ドル、NZドル通貨の金利は半分以下になりました
それに加え為替相場は円高に推移し、多くの人が為替差損(これも後日説明します)を抱えました。
今は金利のみで外貨投資をする時代ではなくなったと言えます。

しかし、こんな現状でも”外貨”というものは大事だと管理人は強く思っています。
続編はまた今度^^

 →次の記事 『外貨投資のポイント2 ”手数料”』
参考:【外貨FX】 外国為替取引 管理人が使う会社

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄・節約へ 人気ブログランキングへ
応援のポチっを(。-_-)ノ☆・゚::゚ヨロシクデス♪

スポンサードリンク

| 外貨・基本編 | 20:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。