経済通への道 元証券マンによる楽しい資産運用講座

資産運用初心者、未経験者が自然と経済、金融の知識を身につけてしまうサイトです^^学校では教えてくれない”経済”、”お金”を独自の目線で紹介。誰もが自然と”経済通”に!

aicon382.gif2010年、今年こそ楽天証券で株デビュー! aicon382.gif為替、FXデビューは最大手のマネーパートナーズ

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

金価格と米ドルの関係 NY金は最高値

金価格が上昇しています。

NY金、一時1045ドル=史上最高値、ドル懸念で急騰
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091007-00000016-jij-int

では早速チャートを見てみましょう^^
10071.jpg
フジフューチャーズより参照)
非常に綺麗な上昇トレンドで、上値抵抗線を突破してますね。

~学校では教えてくれない経済~
第16弾 『金価格と米ドルの関係』

「”金価格”は”米ドル”と逆の動きをする」とよく言われます。

つまり米ドルが下がれば金価格が上がりやすいという事です。
投資をしなくとも、この事は知っておいて損は無いと思います。

その仕組みを簡単に説明すると、

世界の基軸通貨である”米ドル”の信用不安
   ↓
実物資産である”金”への資金シフト
   ↓
ドル安、金価格上昇


という流れです。今回のニュースも、
「原油取引の決済をドル以外の通貨や金塊で行うことが検討されているとの報道」
という米ドル安の要因によって、金価格が上昇しています。

もちろん為替だけの要因で金価格は決まりませんが、
基軸通貨としての強みが薄れつつある流れが根底にあるのだと考えられます。

10072.jpg  10073.jpg
(ドル円はドル安円高、 ユーロドルはユーロ高ドル安となっています)

また金は”有事の金”とも言われています。
(以前は”有事のドル”なんて言われていましたが・・・)

株や債券の下落が目立つ状況では、稀少価値を持つ実物資産として買われる傾向があります。
2001年の米国同時多発テロの直後、株、ドル、原油などの市場が暴落する中で、金だけが急騰したというケースがあります。

という訳で、金価格は為替や株、そして世界情勢を移す大事な指標だと言えます。

まだまだお伝えしたい事があるのですが、長くなりそうなのでこのへんで^^;


にほんブログ村 株ブログ 株日記へ 人気ブログランキングへ
↑この記事を読んで、「”経済通”に一歩近づけた!」「これは知らなかった!」と思った方、ぜひ応援のクリックをお願いします^^
スポンサーサイト

スポンサードリンク

| 外貨・基本編 | 18:09 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【外貨FX】 蟹諸国(CRABs)通貨=資源国通貨 が高い

ワールドビジネスサテライト(WBS)が好きな私。

8/6の放送でこんな面白い言葉が出てきました。

『蟹諸国(CRABs)通貨』

ロバート・アラン・フェルドマン氏が名付けたのでしょうか^^;
蟹の輸出が多い国の通貨だったら100点ですが、違います。
資源国通貨を表現したものでした。

08061.jpg

”資源国通貨が日本円に対しての上昇が目立つ”という特集でした。


ついこの前、ゴールドマンサックス証券が
『チャインドネシア』 (中国+インド+インドネシア)
   7/28記事「チャインドネシア」関連の日本株、割安放置多い=ゴールドマン
なんて言葉を作っていましたが、モルガンスタンレーフェルドマン氏が対抗したのでしょうか^^

BRICS(ブラジル+ロシア+インド+中国)のように流行ればいいですね^^
(↑ゴールドマンの造語)


にほんブログ村 株ブログ 株日記へ 人気ブログランキングへ
↑この記事を読んで、「”経済通”に一歩近づけた!」「これは知らなかった!」と思った方、ぜひ応援のクリックをお願いします^^

スポンサードリンク

| 外貨・応用編 | 00:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【外貨FX】 外債投資の償還金は外貨のままで

第5回の勉強会で勉強予定の『外債』。
今日はちょっとだけネタばらし^^
08034.jpg
外債を買う際、まず気になる点が赤色で囲まれた部分だと思います。

①格付け  AAA 高くて安心ですね
②通貨  今人気のある”トルコリラ
③利率  年10% 日本じゃ考えられません
④残存期間  約3年 外貨預金する感覚で


という感じでしょうか。
ここでもう1つ加えてやってください。

⑤”償還金”や”利金”を外貨のままで受け取れるか

実はこれが非常に大事なのです。
外債は通常償還時にそのときの為替レートで円に転換されます。
その時”円安”なら嬉しいですが、”円高”なら為替差損を発生させてしまいます。
 
楽天証券では外貨決済サービスというものがあり、
外国債券の利金・償還金を外貨で受取ることが可能です。
その償還金を外貨建てMMFで運用し続け、高金利を享受しながら”円安”を待てます。
残念ながら、最近売買が始まった”トルコリラ”の外貨MMFはありません!

(2009.8現在、米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、加ドル、南アフリカランドを用意しています)

マネックス証券では、トルコリラを「外貨お預り金」 として預け、強制的な円転を避けられます。
外貨お預り金から同通貨建ての債券を買うことも可能です。

SBI証券でも最近人気の南アフリカランド建て債券の償還の受け皿として、
ランドの外貨MMFを用意。(8/3現在、年率換算利回り5.829%です。)

日本円⇔ランド、日本円⇔トルコリラ の取引には”為替手数料”が発生します。
外貨MMFや預かり金のような受け皿があれば、為替手数料を極力さけての外債投資が可能です。
外債に投資する債はぜひ
⑤”償還金”や”利金”を外貨のままで受け取れるか
というものもチェックしてみてくださいね^^v


homeb2o.gif トップページへ戻る


にほんブログ村 株ブログ 株日記へ 人気ブログランキングへ
↑この記事を読んで、「”経済通”に一歩近づけた!」「これは知らなかった!」と思った方、ぜひ応援のクリックをお願いします^^

スポンサードリンク

| 外貨・応用編 | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。